美白ケアの起動時の長いディスクアクセスは、美白ケアの履歴が溜まりすぎていたせいだった?!

人気記事ランキング

ホーム > リラックス > 副交感神経をリラックスさせる入浴法

副交感神経をリラックスさせる入浴法

長年、冷え性に悩んでいました。足の指が冷たくて、寝付けない事もありました。仕事が不規則で遅い時間に帰宅すると、湯船にお湯をためるのが面倒で、シャワーで済ませていました。体温が下がると免疫も落ちます。よく眠れず、疲れが抜けませんでした。

 

休日、久々にお風呂につかると、身体がポカポカ温まりグッスリ眠れました。それ以来、湯に浸かるようになりました。

 

リラックスするには、温度が重要です。40度位のぬるめが良いです。副交感神経を刺激して、リラックス出来るからです。血圧も下がり、内臓の働きも活発になるので、消化も良くなります。

 

湯上がりに、汗がダラダラという事も無いので、夏でも不快感がありません。身体の冷えが取れて、寝る時に履いていたソックスも不要になりました。グッスリ眠れるので、翌日に疲れを持ち越さなくなりました。湯の中で、お腹をマッサージしたり、軽いストレッチをすると、便秘予防やダイエット効果があるので一石二鳥です。

低用量ピルの種類について