引越し表情

人気記事ランキング

ホーム > ネスカフェドルチェグスト > タトゥーの歴史について

タトゥーの歴史について

タトゥーについて、どのような印象をお持ちですか?

こぶりなタトゥーならまだしも、大き目なタトゥーは怖いという印象をお持ちの方もいるかもしれません。

とはいえ、日本の伝統文化におけるタトゥーは大変美しいものです。タトゥーの歴史について、お知りになれば、少しは印象が変わるかもしれません。

日本におけるタトゥー文化隆盛期は江戸時代です。浮世絵を見ると、どれだけ華やかに花開いていたかが分かります。当時、流行の発信源は今でいう所のアイドル的存在であった歌舞伎役者たちだったのですが、彼らを描いた浮世絵を見ると、これは人々を魅了することだろうと思います。

とはいえ、当時の歌舞伎役者は今日ほどの社会的地位のある存在ではありませんでしたから、そういうった人たちの間でのことと思われる方もいるかもしれません。

しかし、それは違います。浮世絵には町人も普通に彫っていたことが分かりますし、それだけでなく、とあるお大名は刺青好きで、側室にお花の刺青を入れさせて薄用の着物を着せて愛でていたことが知られています。

ちなみに、タトゥー文化が花開いた江戸時代、当然のことながら、タトゥーなどという言葉ありませんでした。当時は、文身、刺青(しせい)、彫り物などと言われていました。

今日では「いれずみ」という読みで、刺青とも入れ墨とも表記されますが、入れ墨は罪人が入れるものであって、美的なものとは別物です。歴史を知ったからには、表記にも注意したいところです。

その後、明治時代になると文明開化の名のもとに、日本の伝統的な文化が失われていきました。ちょんまげや帯刀、お歯黒が禁止になったことはご存知の方も多いかと思いますが、刺青も禁止されました。しかし、怖いもの知らずの人たちは、刺青を彫り続けました。

このことが、今日の刺青をしている人は怖いというイメージを形成する背景にあるのではないでしょうか。

歴史を振り返ると、街の銭湯や温泉、お祭りには、見た目にも美しい刺青の背中がありました。時は常に一方方向に流れているので、刺青が隆盛した江戸時代に戻ることはできませんが、直感的に美しいと思う感覚はなくしたくないものです。

 

ネスカフェドルチェグスト評判